ファッション感覚を活かす|はじめてネイリストの資格を取得する時に気をつけること

はじめてネイリストの資格を取得する時に気をつけること

婦人

ファッション感覚を活かす

女性

センスプラス体力と交渉力

ファッション好きな女性があこがれる職業によくあげられるのがスタイリストです。スタイリストは、テレビや雑誌などに出演するモデルおよびタレントが着る洋服や靴、アクセサリー等の小物をコーディネイトする仕事です。自分のファッションセンスを活かせる上、あらゆるブランドのファッションに囲まれて仕事ができる華やかな職業とあって、スタイリストは古くから高い人気です。ただし、一人前のスタイリストになるにはファッションセンスだけではやっていけません。駆け出しの頃は先輩スタイリストのもとで修行する日々が続きますが、その時まず大切なのは体力と交渉力です。修行時代は撮影の使用するたくさんの洋服や小物を持って移動しますが、これには相当な体力が必要です。また、たくさんあるブランドやメーカーに服や小物を借りる交渉や返品作業を行わなければなりません。こうした作業は今後の取引にもかかわる重要な仕事とあって、疎かにはできないのです。こうした下積みを経ることで、一人前のスタイリストに成長し、あこがれの世界にたどり着けるのです。

スタイリストへの道

スタイリストになるにあたって、必要となる資格は特にないとされます。それでも現役スタイリストのほとんどは、服飾専門学校でファッションに関する基本的な知識とコーディネイトのスキルを学んでいます。これは、スタイリストとしての必要な知識やスキルを学ぶには服飾専門学校が最も効率が良いからです。服飾専門学校は全国各地にありますが、スタイリストとしての一歩を踏み出しやすいのはやはり東京にある学校でしょう。もちろん地方にもテレビ局がありタレントも在住していますが、テレビのキー局があり大手の出版社がある東京は仕事量が断然多いのです。東京の服飾専門学校で学び課程を修了した後は、そのまま東京の一線級のスタイリストのもとで修行することができます。こうしてたくさんの仕事をこなしていくことで、あこがれのトップスタイリストへの道が開けていくのです。